メインイメージ画像

イギリスで働きたい夢を叶える!!

イギリス駐在の求人の可能性は?

イギリスはEU加盟国のなかでも日本人が希望する勤務地として人気の国となっています。イギリスでの働き方としては現地企業に就職するという方法と、もう1つは日本企業から駐在員として派遣されて働くという方法があります。就労ビザ取得の関係から駐在員のほうがイギリスで働ける可能性は若干高いと思います。駐在を前提とした求人はそう多く出ているわけではありませんが、一定のハードルがあるので、すぐ募集が終わってしまうということも少ない様子です。

可能性を広げるためには、はじめからイギリス駐在を前提とした求人を探すことは勿論ですが、数は少ないので、イギリスにも支社や子会社が設立され、赴任の可能性がある求人もリサーチしていく事も大事です。イギリスに進出している日系企業の多くは金融関係や、電気機器、自動車関係の製造業が多いです。それからIT関連職はどこの会社でも必要とされており、可能性が高いといえます。

イギリス駐在の求人は何で探しますか?

さて、イギリス駐在の求人はどのように探せばよいでしょうか。昔は人脈や掲示板サイトを使って募集案件を探していた時代がありましたが、今は日本国内で就職や転職活動ができる人材紹介サービスを素直に使うのが最も近道といえます。人材紹介サービスは、就職を希望する者と、人材を必要としている企業とを引きあわせてくれるサービスで、無料で使うことができるものです。求人のリサーチもしてくれて、企業への推薦や履歴書を通してくれたり、面接のコーディネートから合否の連絡まで行なってくれます。次章で海外専門のサービスをナビします。

おすすめ人材サービスベスト3

■リクルート社が提供する、海外赴任向け専門サービス リクルートエージェント

数少ないイギリス駐在の求人を探すにはまずは情報量を多く仕入れる事が大事です。リクルート社が持つ国内のネットワークを使って豊富な求人から探してもらうと良いでしょう。特徴としてやはり高給与の案件が多いこと、またリクルートの交渉力で高条件を引き出せることなどのメリットもあります。

 

 

 

■イギリスに本社があり日本でも使えるジェイ・エイ・シー

外資系の人材紹介会社です。イギリスに本社、日本にも法人があり海外の求人を取り扱っています。求人数としてはリクルートよりは少ないものの、厳選した給料高めの求人を多く保有してます。英国の会社でもあるので現地の情報に詳しいことから積極的に使って行きたいですね。併せて活用していきましょう。

 

 

 

■国内2位規模インテリジェンスDODA

リクルートに次ぐトップクラスの求人数を扱っています。海外赴任専門というわけではないですが、選択肢を広くしておきたいかたは登録しておいて損はありません。イギリス駐在の求人を探している旨を伝えておけば、募集がかかった時点で連絡をもらうことも可能だからです。

 

 

 

イギリスの就労ビザのこと

外国で長期滞在したい場合や仕事で滞在する場合などはビザを取得する必要がありますがイギリスも勿論例外なく厳しい審査があります。ただ毎年細かい部分で審査の基準が変更になっている点が多く、最新情報は英国の政府サイトを参照するようにしたほうが良いでしょう。

一般的には最終学歴大卒以上とか滞在予定の職種に関連する職歴があるかどうか、専門職としての滞在かどうかなどが見られるのはほぼ決まりのようです。それでも駐在員として滞在する場合は手続き等は雇用主が行なってくれるし英国内の雇用を妨げない理由書を作ってくれるので自分は決められた書類を用意する程度でしょう。

このページの先頭へ