メインイメージ画像

イギリスで働きたい夢を叶える!!

日本からイギリスに赴任(駐在員)するには?

イギリスに海外赴任し海外駐在員となるには、海外専門の就職活動サイトなどを利用して積極的に募集案件を集める必要がある。海外赴任先の中でも人気のあるEU加盟国なので、そう簡単には見つからない可能性もあるが、日本人は英語に自信のない人が多く、比較的すぐに求人案件が埋まってしまうということは少ない。比較的多い海外駐在職としては、やはり企業が多く進出している製造業系の海外営業職である。情報が広く知られることはあまりないので、積極的に求人サイトなどを利用し、掲示板を活用して活動する必要があるだろう。

いざ海外赴任の駐在職情報を見つけたら、採用されなければならない。必須条件は何といっても言語である。多くの場合日本人がイギリスで働く海外赴任駐在員となる場合、営業などある程度言語能力がなければならない仕事である。幸いなことにフランスやロシアと違って英語という簡単な言語ではあるが、営業ができるほどとなるとかなり高度なボキャブラリーの幅を持つ必要がある。駅前留学など積極的に英語を話す機会を持ち、かつ同企業・同業種の人が使う専門用語を覚えておく必要がある。営業成績が悪ければ、永住条件を満たす年数勤めきれない可能性もある。

イギリスに海外赴任して、駐在員になる為にもう1点必要なのは、アジア人として見られる偏見や差別、待遇の差にも耐えられる精神力だ。日本人に対しフレンドリーなイギリス人もいるが、中には偏見の目を根強く持つ人もいる。永住権を獲得する前に、イギリスが持つ多民族国家ならではの不安定な人種問題を肌に感じ、それでも永住をしたいか考える必要がある。基本的には日本人への大きな偏見はないものの、アングロサクソン系よりも劣ると考える偏見の強い人も中にはいることを覚えておこう。また、慣れない英語により、発音やイントネーションに癖が出てしまうこともある。日本人が海外からやってきた人に対して、「発音が変だな」と違和感を持つように、相手もイギリス英語ではないと敏感に感じ取るのは仕方がないことである。初めのうちは言葉の壁や人種の壁にぶち当たることもあるが、その時に耐えられる屈強な精神力を持っていることが重要だ。

イギリスでの仕事・生活おすすめサイト

イギリス求人ナビ
仕事探しのこと、イギリスでの生活準備のことなど、初めてイギリスで働く方にもわかりやすいサイトです。当サイトと併せて参考にしてみてください。

このページの先頭へ